家庭向け太陽光発電

家庭向け太陽光発電とは
家庭向け太陽光発電設置のメリット


【災害時も安心!】
万が一停電になった場合でも発電した電気が利用できます。
災害時や計画停電時でも、太陽光で発電していれば、パワーコンディショナー付属の専用コンセントから電気製品を繋いで使用できるようになっています。
天候や時間帯などにより太陽光発電で発電できる電力には違いがありますが、自立運転にすることで、専用コンセントを通じて最大1500Wまで使用することが可能です。



【快適温度】
夏場は屋根に日傘を差した状態になり、お部屋の温度が下がります。
逆に冬場は屋根にカイロを乗せた状態になるのでお部屋が保温された状態になります。
なので、冷暖房の節約に繋がります。

野地板温度 夏→11℃弱低下 冬→5℃以上上昇



【屋根の保護効果】
屋根の劣化の大きな原因は紫外線です。太陽光パネルの設置により、紫外線から屋根を保護し、長持させる効果と、直射日光を遮る遮熱効果が見込めます。
また、直射日光だけでなく雨・風を防ぐこともできるので、結果的に屋根を保護します。
そのため、太陽光パネルに面している屋根の部分は劣化しにくくなり、屋根が長持ちする嬉しい効果もあります。

otk

売電価格
太陽光発電は年々パネルや機器の値段は下がっていて、待てばお得になるのではないかと思われている太陽光発電。
ですが、それに伴って余剰電力の売電価格も年々下がっています。
余剰電力の価格は、太陽光発電設備の容量変更等がない限り、受給開始年度に適用された単価が10年間固定で適用されます。

お問合せ

太陽光発電の仕組み
家庭向け太陽光発電システムでは、太陽光発電で発電した電力が余った場合に、電力会社に買い取ってもらうようになっています。(=余剰電力買取)
発電量と消費量
太陽光発電を設置することで、日中は発電した電力は優先的に使用され、余った分は自動的に買い取ってもらうことが可能です。
しかし、天候のすぐれない日等発電量の少ない日や夜間は、発電がされませんので従来通り電力会社から電気を買って利用します。

◆ ソーラーローンで無理なく太陽光発電を導入できます!

solar_ro

太陽光発電を設置される8~9割の方が金利の低い“ソーラーローン”を組んで、今の生活にご負担が少ない金額で月々太陽光発電を導入されています。

今まで月々に支払っていた光熱費の削減額をローン代金に当てるという事になりますので、ローンの組み方、光熱費の削減量によっては、とても少ない負担で導入も出来ます。
固定金利でありながら、2.4%~2.7%と低金利で借りられることと、太陽光発電等を設置したことによる光熱費削減分と、毎日のちょっとした節電でお支払いのほとんどを賄うことも可能です。

◆ 実際のシミュレーション

ysan
Yさんは今まで光熱費を月々23,329円お支払いされていましたが、太陽光発電とオール電化を導入したことで、光熱費が7,215円まで下がりました。それにより、月々の光熱費を16,114円も節電することができました。
ysama2
☆ ソーラーローンで16,614円は支払いますが、月々の光熱費を16,114円も削減できたので、
結果的に月の負担500円で太陽光発電を導入できました。

mazuha
フューチャー・リレーションでは、専門のエコプランナーによるシミュレーションを行っています。
導入はまだだけど、今後の光熱費や導入の参考にしたいというお客様もお気軽にお問合せ下さい。
また、太陽光発電は設置後長くお使いいただくものですから、施工にも独自の10年保証をお付けしております。

お問合せ