法人向け太陽光発電

法人向け太陽光発電

◆ 税制優遇処置の拡大

最新設備を導入した費用を節税!

◆ 中小企業経営強化税制とは

生産性の高い先進的な設備や生産ライン等の改善に資する設備への投資を対象に、即時償却又は税額控除ができます。
この対象設備投資に太陽光発電のパネル・パワーコンディショナーが含まれており、機器費用を即時償却で計上することが可能です。ただし、全量売電型ではこちらの税制は使用することが出来ず、自家消費型太陽光発電にて活用することが可能です。

◆ 生産性向上設備投資促進税制の3つのメリット

税制処置が手厚い
税制優遇措置は、「即時償却または税額控除10%」という手厚い内容になっています。
対象となる設備の範囲が広い
一定の要件を満たすことで、機械装置や工具、器具備品、建物、建物附属設備、構築物、ソフトウエアなど非常に広範囲の設備類が対象になります。
業種制限なしこの税制は青色申告をしている法人・個人事業主であれば誰でも利用可能で、業種や業態、企業規模による制限はありません。
太陽光発電も即時償却の対象

※中小企業経営強化税制の適応については管轄の税務署並びに担当税理士様等にお問合せ頂きますよう、お願い致します。

お問合せ

◆ 自家消費型太陽光発電とは

自家消費型の太陽光発電とは、太陽光発電システムで発電した電気を電力会社などに売るのではなく、自分たちで消費するというものです。
自社で発電した電気を自社で消費するので、電力会社から購入する電気量が減少し、電気代が削減されるなどのメリットがあります。

◆ 高い税制が見込めます

高い税制が見込めます

※1.東京電力 業務用電力単価を元に算出。
※2.年間発電量と電力単価から算出した数値です。実際の天候や電力使用状況によって異なる場合があります。

◆ 太陽光発電で電力消費を削減

一般的に屋根の表面温度は、夏場で60度以上になり、建物内部の室内温度が上昇するため、冷房の電力消費が大きくなります。

太陽光発電を設置することにより、太陽光パネルが日傘の役割をするため、屋根の表面から直射日光を遮断します。
これにより室内の冷房効果が上がり電気料金を節約することができます。
さらに、太陽光パネルは屋根との間に隙間をあけて設置するので空気が循環し、屋根の温度が上昇するのを防ぐことも可能です。
建物が高圧受電の場合、夏の暑い日に太陽光発電で発電した電力は、建物内で消費されるので、電気代の大幅削減につながります。
7or30

◆ 太陽光発電でCSRをアピール!

大きな問題である地球温暖化を抑制するには、個人や企業が進んでCO2削減を実施しなければならず、今や全ての企業が取り組まなければならない課題となっています。
地球環境へ貢献している姿勢を広くアピールすることは企業イメージのアップにもつながります。

近年ではアピールの一つの形が「太陽光発電システム」である、と答える企業様が増えています。
火力発電や原子力発電と違い、排出物がなくクリーンで環境に優しい太陽光発電システムは、御社のCSRをアピールできる絶好の機会になります。

DSC_0033 太陽光発電でCSRをアピール 太陽光発電でCSRをアピール

お問合せ

お見積・ご相談は無料です!


\地 域 密 着 No.1 宣 言!!/

お問合せお待ちしております!
フリーダイヤル
 【営業時間】 10:00-19:00
 【定休日】 水曜日、第一第三火曜日

関連リンク

千葉電力株式会社

J-PEC

J-PEC

2018年度新卒エントリー受付中