家庭用蓄電池システム

家庭用蓄電池システム

蓄電池の3つのメリット

①災害時にも電気が使える

また、太陽光発電システムとの併用の場合は停電時でも日中は太陽光発電、夜は蓄電池で補うため、災害時などの急な停電でも最低限の電力が確保できるので安心です。

②太陽光発電システムとの併用で効率的な光熱費削減の実現

③今後の電気自動車の時代にガソリン代の節約として活躍

電気自動車と蓄電池

太陽光発電の余剰売電期間終了のお客様へ

◆ …….そもそも売電って、なに?

太陽光発電で発電した電気を電力会社に売ることです。再生可能エネルギーによってつくられた電気は電力会社が、一定期間同じ単価で買い取ることを国が約束しています。この約束を「固定価格買取制度」と言います。一般的な住宅は余剰買取制度にあたり、太陽光発電で発電した電気をそのまま自宅で消費し、余った電気を売電します。

◆ …..太陽光電池モジュールの寿命は10年ではありません!

最近の太陽光モジュールの発電出力保証は25年がほとんどです。10年間の売電期間が終了後も太陽光発電設置住宅なら15年以上もまだまだ発電してくれます。

◆   太陽光発電の余剰売電期間が終了したら・・・

FIT(固定買取制度)が終了してからも、太陽光発電の余剰電力は2019年度11月以降も、申請すれば各電力会社に売る事もできます。売電単価は電力会社により異なりますが、1kwhあたり 7~10円ぐらいとなりそうですので今までに比べると非常に安価な売電料金となります。
しかしながら、この機会に蓄電池を導入していただくことで、日中は太陽光発電で電気を賄いながら、余った電気は蓄電池に貯めて、夜間に使用していくことで、経済的で災害時にも安心な電力の自給自足ができる環境が整います。

〜これからは《売る》から《貯める》時代へ! 〜

 

どんな蓄電池を選べば良いの?

その① 単機能型とハイブリッド型

単機能型蓄電池とハイブリット型蓄電池

太陽光発電システム同様、蓄電池システムにもパワーコンディショナ(変換器)が必要になります。
ただ、太陽光発電システムと蓄電池システムの両方にパワーコンディショナは勿体ないし、メンテナンスが大変!
という方に、オススメなのがハイブリット型蓄電池システム!!
太陽光発電システムと蓄電池システムのパワーコンディショナが1台に集約された高効率タイプ!
特に太陽光発電システムのパワーコンディショナ設置から8年程度過ぎたお客様必見です。

 

その② 全負荷放電と特定負荷放電の違いとは?    

蓄電池システムがあるから我が家は停電しても大丈夫!と思っていらっしゃるかもしれませんが、、、実は蓄電池システムにも様々な種類があり、停電時に特定の箇所にしか電気が流せない特定負荷型タイプと停電時に全部屋へ電気を流せる全負荷型タイプがございます。

《特定負荷型蓄電池》はブレーカーの下の図のように、停電時に蓄電池からの電気を使用可能なブレーカーを特定して使用できます。また基本的に特定負荷放電は100Vのみとなるため、停電時にオール電化や200Vエアコンは使うことが出来ません。

 

《全負荷放電型蓄電池》は全ての部屋の電気を流せて、IHクッキングヒーターやエコキュートをご利用のオール電化製品、200Vエアコンなどの家電にも電気が流せるので生活必需品に電化製品をご利用のご住宅には特にオススメとなります。

 

その③ 蓄電池容量、定格出力

蓄電池には様々な容量があります。太陽光発電システムが4kWシステムだから蓄電池システムも4kWシステムで良いという事ではございません。また定格出力といって蓄電池より一度に出せる電気量も各蓄電池で異なってくるので注意が必要ですし、蓄電容量は小さくても、深夜の電気代が安い時に充電して朝から一回放電して、日中は太陽光発電の余剰電力を充電して夜間にもう一度放電する1日に2サイクル放電できるタイプの蓄電池もあったりと多種多様な蓄電池がございます。

弊社では、お客様のお家の現状の電気使用状況や、太陽光発電の容量、蓄電池の使用用途などを確認させていただきながら、お客様のご要望にぴったりの蓄電池システムを、いくつかご提案させていただいておりますので、まずはお気軽にお問い合わせだけでもいただけらた幸いです。

お問合せ

 

お見積・ご相談は無料です!


\地 域 密 着 No.1 宣 言!!/

お問合せお待ちしております!
フリーダイヤル
 【営業時間】 10:00-19:00
 【定休日】 水曜日、第一第三火曜日

関連リンク

千葉電力株式会社

J-PEC

J-PEC

J-PEC

J-PEC

2020年度新卒エントリー受付中